top of page
  • 執筆者の写真幸せのメロンパンHAPPyHAPPy編集者

「キッチンカーは儲からない」は間違い。成功の秘訣とフランチャイズの選び方

更新日:2023年10月27日

キッチンカーでのビジネスは本当に儲かるのか?

フランチャイズ加盟するならどのブランドにすべきか?

キッチンカーを始めるリスクや不安をどう乗り越えればいいのか?


このような疑問をお持ちではありませんか?


私は、開業してから20年間メロンパンに特化したキッチンカーのフランチャイズを経営し続けていますし、加盟店さんの創業サポートも何社もしてますので、ビジネスの成功の秘訣やリスク回避の方法を詳しくお伝えできます。


このページでは、全くキッチンカーのことがわからなかったど素人の私が、累計販売個数10億個以上、1日10万円〜20万円販売する驚異的な販売力を誇る幸せのメロンパンHAPPyHAPPyを20年間経営してきた経験から、

  • キッチンカーのビジネスモデルの真実

  • 儲けるための6つのコツ

  • 幸せのメロンパンHAPPyHAPPyのフランチャイズの魅力

など、「キッチンカーは儲からない」という不安を解消するためにお伝えしていこうと思います。


一緒にキッチンカービジネスの成功の一歩を踏み出しましょう。


キッチンカーのビジネスモデルの真実

キッチンカー、または移動販売車として知られるこのビジネスモデルは、近年ますます人気を集めています。しかし、その背後には多くの真実が隠されています。


ここでは、キッチンカーのビジネスモデルの実際の構造と、その成功と挑戦について詳しく探っていきます。


移動がしやすい反面、場所選びに苦戦しやすい

キッチンカーの最大の魅力は、その移動性にあります。固定店舗とは異なり、キッチンカーは需要のある場所やイベントに合わせて場所を変えることができます。これにより、繁盛する場所や時間帯を選び、最大の収益を上げることが可能です。


しかし、移動性が魅力である一方、適切な場所を見つけることは常に挑戦です。特に都市部では、営業許可や駐車スペースの確保が難しい場合があります。


店舗ビジネスよりも初期投資が安い

伝統的なレストランやカフェと比べて、キッチンカーの開業に必要な初期投資は比較的低いです。これにより、起業のハードルが低くなり、多くの人々がビジネスを始めることができます。


主にこれらの費用が初期投資で必要になります。

  1. 移動販売車の購入費

  2. 設備や内装費

  3. 開業手続きの申請費

  4. オープンで必要な備品や材料費

これらを合わせて、大まかな開業資金の目安は、300万円〜700万円程度となります。店舗ビジネスよりも安いとはいえ、初めてキッチンカーに挑戦する人にとっては大きな額です。



市場が飽和しており、総合的なマーケティング活動は必須

キッチンカーの人気が高まる一方で、市場は次第に飽和してきています。そのため新規参入するには独自のコンセプトやメニューを持つことが求められるようになりました。


他にはない面白い接客でお客さんの心をつかむのもいいですね。成功するためには、とにかく他のキッチンカーと差別化することが不可欠です。


そして移動販売の特性上、継続的な顧客の獲得とリピーターの確保が必要です。SNSを活用した宣伝や、ロイヤルティプログラムの導入など、継続的なマーケティング活動が求められます。


儲からない事態にならないための6つのコツ

キッチンカーのビジネスは、正しいアプローチと戦略を持っていれば、非常に収益性の高いビジネスとなります。以下に、キッチンカーでの成功を収めるための7つのコツを詳しく解説します。


1.とにかく場所選びが成功を大きく左右する

人々の集まる場所での営業は、高い収益を期待できます。繁華街、観光地、イベントやフェスでの営業も、大きな収益を上げるチャンスです。


「出店料が安いから」とか「自分の家から近いから」などといった理由で漠然と出店場所を決めてしまうことになってしまうと、間違いなくうまくいきません。どこに出店したらいいか迷っている時は、そもそもお店のコンセプトと商品が明確になっていないからで、「ココで売れば売上が上がる!」というアイデアが浮かばないのは当たり前です。


オフィス街のビジネスマンが対象なのか、スイミングスクール帰りの子供が対象なのか、”誰に”向けたものなのか顧客を定めることによって、ここだ!という場所が決まります。


出店場所を効率的に探す方法については、別記事「キッチンカービジネスで絶好の出店場所を探す4つの方法」で詳しく解説しています。


2.”売れる”メニューを扱う

キッチンカーのみならず、飲食店の経営で成功するためには、人気のある商品が必要です。キッチンカーのメニューセレクションは大まかに「主食」と「軽食」の2つに分類されます。


メニューを選ぶときには、「毎日売れるものか?」、「イベントで売れるものか?」という観点が大切です。20年間キッチンカーを経営してきた私が思うこととしては、極論を言えば、「スーパーでもオフィスでもイベントでも売れるもの」がおすすめです。


瞬間的に売って終わりで良いのであれば、イベント出店で一気に100万円売れるものもあります。しかし、長期的に続けようと思ったら、どんな場所でも売れるものを扱うことをおすすめしております。


その上で次のようなポイントも抑えられるとよりいいですね。

  • オリジナリティ

  • 季節限定・期間限定

  • 口コミで知名度を上げる

売れるメニュー開発のポイントについて、別記事「キッチンカーで”売れる”メニュー作りのポイントとは?」で紹介しています。


3.新規客よりもいかにリピート客を増やすか

キッチンカーのビジネスは、商品の美味しさだけでなく、顧客サービスの質が成功の鍵を握っています。顧客が満足するサービスを提供することで、リピートしてくれるサイクルが徐々に出来上がってくるのです。


実際、新規のお客さんに来てもらうのと、リピートで来てもらうのと、どちらが簡単だと思いますか?


実は、リピーターになってもらう方が、お金をかけずに労力も小さく集客できるんです。マーケティングの世界では、新規客を集める方が5倍も大変なんだとか。


例えば幸せのメロンパンHAPPyHAPPyは、お客さんがhappyになるように、一言一に工夫をしています。「おバカではっぴぃ」がテーマです。


250円のメロンパンを売った際、1000円いただいた時に、「お釣り700万円です」など、クスッと笑えるような接客を心がけています。たったこの一言が、「売れる秘訣」でもあります。


4.キッチンカーの設備とメンテナンス

お客さんは多くの場合、手軽に食事を楽しみたいと考えています。そのため、注文から提供までのスピードを早くすることで、お客様満足度の向上に直結します。


作業する人数、冷蔵庫や盛り付けテーブルの場所、水回りとコンセントの位置が整えられていることで、ストレスなくスムーズな提供が可能になります。


キッチンカーを手配するときは、内部のレイアウトもしっかりと考え込む必要があるでしょう。


5.初期投資ではできるだけリスク回避する

先ほども述べたように、開業資金の目安はだいたい300万円〜700万円程度となります。まとまった額になるため、初期投資をちゃんと回収できるのか不安になる方も多いです。


そこで、新品のキッチンカーの購入ではなく、リースや中古車を利用することで初期投資を抑えることができます。新品のキッチンカーの購入には約200万円から400万円、リースの場合は月々10万円から20万円ほどでしょう。


どちらがいい、悪いということはなく、事業への考え方や資金にあった方法を選べば問題ありません。


6.フランチャイズでノウハウを学ぶ

キッチンカービジネスのフランチャイズ化は近年、大きな注目を集めています。独自でビジネスモデルをゼロから構築する必要がなく、フランチャイズならではのシステムやノウハウを元に、すぐに売上を作る方法を教わることができるからです。


フランチャイズ本部からの研修やマニュアル提供、さらには運営に関するアドバイスなど、手厚いサポートが受けられます。


店舗型飲食店でもフランチャイズがあるように、キッチンカーにもフランチャイズ加盟店を募集している事業所があります。すでに知名度や信頼性が確立されているブランドの下でビジネスを展開することで、失敗リスクが低下します。


幸せのメロンパンHAPPyHAPPyフランチャイズ

既に確立されたブランド力

幸せのメロンパンHAPPyHAPPyのメロンパンはこれまでに累計1億個以上販売され、そのブランドは日本で広く認識されています。この強力なブランド力は、新規店舗がすぐに地元コミュニティに認知され、信頼を獲得する上で非常に有用です。


また、ブランド力はメディア露出も多く、とくダネ、ズームイン!!SUPER、やじうまプラス、おはよう!グッデイ、など多くのテレビ番組やメディアに取り上げられています。


強力なバックアップ体制

幸せのメロンパンHAPPyHAPPyはフランチャイズ開業から運営までを徹底的にサポートします。具体的には、店舗運営のための具体的な戦略提供から、各種許可の申請、保健所への申請などの面倒な手続きも支援します。さらに、移動販売車両の制作から専門の道具まですべて本部がバックアップします。これにより、加盟店はビジネスに専念し、安定した運営が可能です。


安定した売上の確保

私たちのメロンパンは、コロナ禍でも1日500個〜1000個という売上を誇ります。この強力な商品力により、供給面での心配なく安定した販売を行うことができます。また、この商品力は月商300万円という驚異的な収益を生み出す原動力となっています。


高い収益性

幸せのメロンパンHAPPyHAPPyのフランチャイズはその高い収益性で知られています。実際に、一年で月商350万円に到達した加盟店もあります。このように、加盟店は高収益を目指すことが可能です。


販売場所が確保されており、集客に困らない

私たちは長年の運営経験と独自のネットワークにより、イベント出店やデイリー出店(毎日)が可能な「人の流れがある」販売場所を確保しています。これにより、集客に困ることなく、安定した経営が可能です。


さらに、これらの販売場所の交渉方法も伝授しますので、加盟店がそれぞれ自力で新たな販売場所を切り開く力がそだっています。


私たち幸せのメロンパンHAPPyHAPPyは、これらのメリットを活かして、あなたのフランチャイズ成功を全力でサポートします。


年収1000万円を達成した加盟店の事例

A店主は東京都内にキッチンカーを設置し、幸せのメロンパンHAPPyHAPPyの販売を開始。開業初期は日々の売上が安定せず、不安を感じていた。


しかし、本部からの継続的なマーケティングサポートと店主自身の地域とのコミュニケーション強化の取り組みにより、1年後には日々の売上が3倍以上に。2年後には年収1000万円を超える売上を達成しました。


まとめ

キッチンカーのビジネスは、正しい知識と戦略、そして適切なサポートがあれば、非常に成功しやすいビジネスモデルです。特に、幸せのメロンパンHAPPyHAPPyのフランチャイズとしての参入は、ブランドの強さと経営サポートの充実から、成功への確実な一歩となるでしょう。この記事を参考に、あなたもキッチンカービジネスでの成功を手に入れてください。


Comments


bottom of page