top of page
  • 執筆者の写真幸せのメロンパンHAPPyHAPPy編集者

【実践者が語る】田舎でキッチンカーを開業するメリットと集客方法を大公開!

更新日:2023年10月27日

田舎でキッチンカーを開業するメリットは?

田舎でのキッチンカーの成功の秘訣は?


このような疑問をお持ちではありませんか?


私は、開業してから20年間メロンパンに特化したキッチンカーのフランチャイズを経営し続けています。加盟店さんの創業サポートも多数行っており、田舎でのキッチンカー経営の悩みを解決できると自負しています。


このページでは、全くキッチンカーのことがわからなかったど素人の私が、累計販売個数10億個以上、1日10万円〜20万円販売する驚異的な販売力を誇る幸せのメロンパンHAPPyHAPPyを20年間経営してきた経験から、

  • 田舎でのキッチンカー経営のメリット

  • 運営上の注意点と対策

  • 田舎での集客方法

など、「田舎でキッチンカーを開業しても大丈夫なのか」に特化してお伝えしていこうと思います。



1. 田舎でのキッチンカー経営のメリット


人口減少・過疎化地域での需要

田舎の市町村の中には、人口減少・過疎化に苦慮しているところが少なくありません。このような地方自治体では、UターンやIターンによる移住を促すためのさまざまなサポートが行われています。


キッチンカーはこれらの地域で新しい食文化や楽しみを提供することで、地域活性化の一翼を担うことができます。また、地域住民とのコミュニケーションを深めることで、リピート客を増やすことも可能です。


地域の特色を活かしたメニュー展開

田舎には都市部では味わえない独自の食材や文化があります。これを活かしたメニュー展開は、キッチンカーの大きな魅力となります。


例えば、地元の名産品を使ったメロンパンや、季節のフルーツをトッピングとして提供するなど、地域性を前面に出すことで、訪問者の興味を引きつけることができます。


さらに、SNSなどでの情報発信を活発に行うことで、遠方からの来客も増やすことが期待できます。


駐車スペースの豊富さ

都市部では駐車スペースの確保が難しいことが多いですが、田舎ではそのような問題は少ないです。広い駐車スペースを確保することで、キッチンカーの設置や運営がスムーズに行えます。


また、複数のキッチンカーを同時に出店することで、イベントのような雰囲気を作り出し、多くの人々を引きつけることができます。


2. 運営上の注意点と対策


維持費やガソリン代の高騰

田舎は都市部と比べて維持費が高くなる傾向があります。特に、ガソリン代やLPガス代は、輸送コストなどの関係で単価が高くなることが一般的です。


対策として、燃費の良い車種の選択や、エコドライブの実践、定期的な車検・点検を行い、車の状態を最適に保つことが重要です。


適切なキッチンカーの車種の選び方

キッチンカーの車種選びは、事業の成功に直結します。田舎では、小回りが利く必要が少ないため、複数のメニューに対応できるサイズのキッチンカーが適しています。


代表的な車種としては、1.0t普通車トラックや1.5t普通車トラックが挙げられます。これらの車種は、食材の積載量や調理スペースが十分に確保できるため、田舎での運営に適しています。


田舎特有の出店場所の選び方

田舎でのキッチンカー出店場所の選び方は、都市部とは異なるポイントがあります。田舎では、イベントの数が少ないため、定期的に出店できる場所や、地域住民の集まるスポットを選ぶことが重要です。


また、地域の名産品を取り入れたメニューを提供することで、地域住民との関係を深め、リピート客を増やすことができます。


3.田舎特有の集客方法


地域のイベントや祭りへの出店

田舎の魅力は、地域固有のイベントや祭りが多いこと。これらのイベントに出店することで、地域住民や観光客との接点を増やすことができます。特に、地域の伝統や文化を反映した商品やサービスを提供することで、参加者の興味を引きつけることができます。


地域住民とのコミュニケーション

田舎では、地域住民との繋がりが非常に重要です。定期的に地域の集会や会議に参加し、住民の意見や要望を直接聞くことで、サービスの改善や新しいアイディアを得ることができます。また、地域住民との良好な関係を築くことで、口コミによる集客も期待できます。


地域の特色を活かした宣伝方法

田舎には、その地域ならではの特色や魅力があります。例えば、特産品や歴史的な背景、自然の美しさなど。これらの特色を活かして、オリジナルの宣伝方法を考えることで、他の地域と差別化を図ることができます。特に、SNSやブログを活用して、地域の魅力を伝えるコンテンツを発信することで、遠方からの集客も期待できます。


4. 成功のための秘訣


SNSを活用した集客方法

近年、SNSの利用者数が増加しており、特にInstagramやFacebookはビジネスの集客ツールとして非常に効果的です。キッチンカーの場合、美味しそうなメロンパンの写真や動画を投稿することで、多くの人々の興味を引きつけることができます。


また、田舎の風景や地域の特色を生かした投稿も、フォロワーの心を掴むポイントとなります。定期的な投稿と、ハッシュタグ「#キッチンカー #田舎」の活用で、地域のファンを増やしましょう。


地域の名産品を使ったメニュー提案

田舎には、都市部では手に入らない新鮮な食材や特産品がたくさんあります。これらの食材を活用して、オリジナルのメロンパンを開発することで、他のキッチンカーとの差別化を図ることができます。


例えば、地域のフルーツをトッピングにしたメロンパンや、地元の養蜂場のはちみつを使用したメロンパンなど、地域性を活かしたメニューは、観光客や地元の人々に喜ばれること間違いなしです。


一度来た人にリピートしてもらえる質の高い接客

キッチンカーのビジネスでは、一度の来店だけでなく、リピートしてもらうことが非常に重要です。特に田舎では、口コミの影響力が強いため、一人のお客様に満足してもらうことで、その情報が広がりやすいです。


笑顔での接客や、お客様の要望に柔軟に応える姿勢、さらには季節やイベントに合わせたサービスの提供など、細やかな心配りがリピートの鍵となります。


まとめ

田舎でのキッチンカー経営は、過疎化地域での新しい需要や地域の特色を活かしたメニュー展開、そして駐車スペースの豊富さなどのメリットがあります。しかし、維持費やガソリン代の高騰、適切なキッチンカーの車種の選び方、出店場所の選び方などの運営上の注意点も考慮する必要があります。


成功のためには、SNSを活用した集客方法や地域の名産品を使ったメニュー提案、そして質の高い接客が欠かせません。また、田舎での集客方法として、地域のイベントや祭りへの出店、地域住民とのコミュニケーション、そして地域の特色を活かした宣伝方法が効果的です。


これらの情報を参考に、成功への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。



bottom of page