top of page
  • 執筆者の写真幸せのメロンパンHAPPyHAPPy編集者

おすすめのレジと必要な設備は?最適なレジ選びで売り上げアップ!

更新日:2023年10月27日

「キッチンカーを始めたいけど、どんなレジが使いやすい?」

「飲食店に効率的な会計方法を知りたい」

「レジ選びで失敗したくない」


こんな悩みを持っていませんか?


私も20年前、メロンパン専門のキッチンカー事業を始めた頃、同じように戸惑っていました。私自身が素人から始め、20年以上もキッチンカービジネス、特にメロンパン専門のキッチンカー「幸せのメロンパンHAPPyHAPPy」を1日に10万円から20万円売り上げるビジネスを構築しました。

その経験から、レジ選びの重要性と、その方法を皆様に共有したいと思います。

  1. レジの種類とそれぞれの特性

  2. キャッシュレス決済の重要性

  3. 幸せのメロンパンHAPPyHAPPyで実際に使っているレジの話

また、レジ設備の選び方だけでなく、キッチンカービジネスを成功させるためのその他の重要な要素についても解説します。


さあ、一緒にキッチンカービジネスの成功の一歩を踏み出しましょう!



レジは省スペースで使える“iPadタイプのPOSレジ”を選ぶ

キッチンカーという限られたスペースで使うレジの選択は、成功への道のりを左右する重要な部分です。レジには、昔ながらの手動レジから電子レジ、そして最新のクラウドベースのPOS(Point of Sale)システムまで、さまざまな種類があります。

手動レジは費用を抑えられる一方、シンプルな現金の受け渡ししかできません。電子レジやPOSシステムは売上金の集計自動化や在庫管理などの機能もついており、経営が楽になる機能がたくさん付けられています。


それぞれのレジが提供する機能や、必要な投資額を理解し選ぶことが必要ですが、キッチンカーで利用するならPOSレジを推奨しています。なぜならPOSレジであれば最低限iPadとキャッシュドロアーがあればレジとして機能し、省スペースで済むからです。


キッチンカーでも使えるレジの種類

キッチンカーレジは、デジタルレジ、POSレジ、そして現金レジスターの三つの種類に分けられます。それぞれのレジには独自の特性とメリット、デメリットがあります。


この章では、それぞれのレジの種類と特性について詳しく説明します。


据え置き型のPOSレジ

POS(Point of Sale)レジは、販売データの追跡と分析だけでなく、在庫管理、顧客管理、従業員管理など、ビジネス全体の運営に対する包括的な視点を提供します。クラウドベースのPOSシステムは、データがリアルタイムで更新されるので、スマホやパソコンからも売上状況を把握することができます。


据え置き型のPOSレジは、飲食店などで使われており、導入に100万円以上かかるほか、月額で保守費用もかかり、キッチンカーで利用するには大変高価です。


iPadタイプのPOSレジ

据え置き型と対照となるのが、iPadを利用したPOSレジです。タブレットを操作して、売上の管理ができます。レシートの電子メール送信ができるシステムもあり、利用できる機能は据え置き型のPOSレジと大差はありませんが、小規模ビジネスに合わせて機能は一部異なります。


料金は据え置き型よりも安く、導入にはタブレットやキャッシュドロアーの端末代だけ、システム費用はゼロな製品も珍しくありません。


「幸せのメロンパンHAPPyHAPPy」で利用しているレジも、このiPadタイプのPOSレジ「Airレジ」です。エアレジはレシートの発行が可能で、会計ソフトとの連携も実現しているため、会計業務が効率的かつ正確に実施できています。


現金レジスター

現金レジスターは、最も基本的で古典的な形のレジです。販売内容を記録し、現金を安全に保管するための装置で、現金取引のみができます。導入・利用コストが比較的低く、電力供給やインターネット接続を必要としないため、移動式のビジネス、例えばキッチンカーにおいては、非常に実用的です。


現金レジスターの最大のメリットは、その迅速性です。POSレジと比べて操作がシンプルであり、大量の顧客を素早くさばくことができます。また、インターネット環境が不要なため、Wi-Fi環境の整っていない場所でも使用可能です。


しかし、POSレジと比較して機能は限定的で、手動でのデータ管理や分析が必要となります。レジスターは基本的にクラウドとは連携しておらず、そのため売上や在庫の管理は手動で行う必要があります。また、キャッシュレス決済に対応していないモデルが多いため、その点も考慮する必要があります。


キッチンカーならキャッシュレス決済が必須

現代のビジネス、特にフード業界においてキャッシュレス決済の重要性は増しています。お財布や小銭を持ち歩かない消費者が増えている今日、キャッシュレス決済ができるお店はお客様にとって非常に便利な存在となります。また、レジでのお釣りのやり取りを省くことで、精算時間を短縮し、効率的な営業運営が可能になります。


キャッシュレス決済ができないと購入を見送るお客様も多いです。特に若い世代や外国人観光客などは、キャッシュレス決済ができない店舗を敬遠する傾向があります。また、新型コロナウイルスの影響で接触を避けたいと考える人が増え、無接触のキャッシュレス決済の需要も高まっています。


しかし、キャッシュレス決済には手数料が発生するという課題もあります。これは、特に取引額が少ない小売業や飲食業で大きな影響を及ぼす可能性があります。


その上で、手数料をカバーするために商品価格を適切に設定し、手数料の負担を軽減することも重要です。また、多様なキャッシュレス決済サービスから最も条件の良いものを選ぶことも一つの方法です。


キャッシュレス決済は今後ますます普及することが予想されます。そのため、キャッシュレス決済を上手に活用し、ビジネスの発展につなげていきましょう。


私たちが実際に使っているレジ

幸せのメロンパンHAPPyHAPPyでは、現在キッチンカー特化型のレジアプリ「foodsfun」とiPadタイプのPOSレジ「エアレジ」の2つのレジにプラスして、精算レシートの必要な現場ではレジスターも活用しています。ここでは、それぞれのレジがどのような特徴を持ち、私たちがどのように使用しているのかについて説明します。


foodsfunの特徴と使用感

フーズファンはキッチンカーでの利用を想定して作られたレジアプリです。フーズファンの特徴は、手軽に始められ、とても簡単で見やすく、わかりやすいこと。データ管理がリアルタイムで可能であることです。これにより、時間ごとに売上のチェックもでき、キッチンカースタートには最適のレジと言えます。


実際に幸せのメロンパンHAPPyHAPPyのキッチンカーで使用してみて、その手軽さとデータ管理の容易さには満足しています。ただし、フーズファンはレシートが出ないため、レシートが必要な場合には現金レジスターを用意し、後からフーズファンに入力する手間が発生します。そのため最近オープンしたオーナーさんには、エアレジの導入を進めています。


エアレジの特徴と使用感

エアレジはiPadタイプのPOSレジの一つで、店舗での利用を想定して作られたレジです。エアレジの大きな特徴は、レシートの発行が可能であることと、会計ソフトとの連携が容易であることです。これらはとても大きな利点で、特に会計ソフトとの連携は、日々の売上の管理や確定申告など、事務作業を大いに助けてくれます。


実際に幸せのメロンパンHAPPyHAPPyで使ってみて、その機能性と便利さには驚かされました。レシートが必須の現場でもスムーズに対応できます。何より、会計ソフトとリンクしているので、入力の手間が省けるところは、最大の魅力です。

レジ選びから見えるキッチンカービジネス成功への道のり


なぜレジ選びが成功に繋がるのか?

レジ選びは、店舗の運営効率や顧客体験、そして売上に直接影響を与えます。例えば、高速なレジ処理ができるシステムを選べば、お客様に素早く対応し、長い行列を避けることができます。また、キャッシュレス決済のオプションを提供できるレジを選ぶことで、より広い顧客層を獲得できます。


また、レジの機能性や使いやすさは、スタッフの働きやすさにも影響を与えます。使いやすいレジを選ぶことで、スタッフの労働環境を改善し、働きやすさを提供できます。これは、長期的なビジネスの成功にとって重要な要素となります。


レジ選び以外のビジネス成功のポイント

レジ選びだけでなく、他の要素もビジネス成功に大きく寄与します。その中でも特に重要なのが、お客様が求める商品やサービスを提供することです。これには、優れた料理の提供だけでなく、適切な価格設定や素晴らしい顧客サービスも含まれます。


また、ビジネスの位置付けやブランディングも重要です。特定の顧客層をターゲットにした商品やサービスを提供し、そのブランドイメージを一貫して伝えることで、お客様の信頼とリピート購入を獲得することができます。


そして最後に、適切な財務管理はビジネスの成長と持続可能性を保証します。これには、売上と経費の追跡、税務問題の管理、そして資金調達の戦略が含まれます。


キッチンカービジネスの成功は、これらすべての要素がうまく連動した結果生まれます。レジ選びはその一部であり、その他の要素と合わせて、ビジネスの成功に向けた道のりを築いていきましょう。


まとめ

キッチンカービジネスを成功させるためには、美味しい料理を提供するだけでなく、オペレーションを効率的に行うことも重要な要素です。その中心にあるのが「レジ」の選択です。


それぞれのレジの実際の使用感について、私たちのキッチンカービジネス「幸せのメロンパンHAPPyHAPPy」の経験をもとに解説しました。キッチンカーではフーズファンを使用しています。フーズファンは今のところレシートが出ないため、レシートが必須の現場では現金レジスターを使って後から入力する必要があり、これはとても不便であると感じています。そのため、本店ではエアレジを試しに使い始めました。


適切なレジを選ぶことで、効率的な業務運営、顧客体験の向上、そして収益増大へとつながります。レジ選びを軽視せず、自分のビジネススタイルに最適なレジを見つけることが成功への道のりにおいて重要となります。


Comments


bottom of page