top of page
  • 執筆者の写真幸せのメロンパンHAPPyHAPPy編集者

【オーナー必見】キッチンカー開業に必要な3つの資格を解説

更新日:2023年10月27日

「キッチンカーを始めたいけど、どんな資格が必要なの?」

「フランチャイズならサポートしてもらえそうだけど、実際はどうなの?」


このような疑問をお持ちではありませんか?


私は、開業してから20年間メロンパンに特化したキッチンカーのフランチャイズを経営し続けていますし、加盟店さんの創業サポートも何社もしてますので、キッチンカー開業に関するあらゆる悩みを解決できると自信を持って言えます。


このページでは、全くキッチンカーのことがわからなかったど素人の私が、累計販売個数10億個以上、1日10万円〜20万円販売する驚異的な販売力を誇る幸せのメロンパンHAPPyHAPPyを20年間経営してきた経験から、

  • 必要な資格と取得方法

  • 営業許可の取得手順

など、「キッチンカー開業の資格」に特化してお伝えしていこうと思います。


必要な資格と取得方法

キッチンカーまたは移動販売車としても知られるビジネスは、食品を扱う以上、様々な資格や許可が必要となります。ここでは、キッチンカー開業に必要な主要な資格とその取得方法について詳しく解説します。


1.食品衛生責任者

食品を扱う事業者は、食品衛生責任者を置くことが義務付けられています。この資格は、食品衛生に関する知識や実技を持つ者が取得でき、HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理などの知識が求められます。


食品衛生責任者は、専門学校や講習会での学習と試験の合格が必要です。実務講習会を受講することで、より詳しい知識を得ることができます。


2.営業許可

飲食業は保健所からの営業許可が必要です。この許可を取得するためには、キッチンカーの設備や衛生管理に関する基準を満たす必要があります。事前に保健所の基準を確認し、必要な書類や設備を整えておくことがポイントです。


3.運転免許証

キッチンカーのサイズや重量に応じて、適切な免許を取得する必要があります。例えば、車両総重量が3.5t未満の場合、普通免許での運転が可能です。牽引タイプのキッチンカーの場合、車両総重量や牽引車の全長などの基準を確認し、必要な免許を取得しましょう。


キッチンカー開業には、上記の資格や許可の取得が不可欠です。適切な資格を取得し、法律や規則を遵守しながらビジネスを展開することで、安全かつ成功への道を切り開くことができるでしょう。


営業許可の取得手順

キッチンカーで営業を開始する前に、適切に営業許可を取得することで、合法的にビジネスを行うことができます。以下では、営業許可の基本情報と、必要な書類や申請方法について詳しく解説します。


営業許可の基本情報

許可の種類

キッチンカーのサイズや提供する料理の種類によって、必要な許可が異なります。例えば、簡易的な調理しかできない場合や、特定の料理のみの提供の場合は、異なる許可が必要です。


許可の期限

一般的には、営業許可の有効期限は1年間です。期限が切れる前に更新申請を行う必要があります。


許可の費用

許可の取得には、一定の手数料が必要です。この費用は、自治体や許可の種類によって異なります。


必要な書類

給排水設備の図面

キッチンカー内の設備配置を示す図面が必要です。この図面は、手書きでも受け付けられる場合が多いです。


食品衛生責任者の資格証明

食品衛生に関する知識を持つ者が取得できる資格の証明書のコピーが必要です。


まとめ

キッチンカーでのビジネスは、適切な資格と準備を行うことで、成功への道を切り開くことができます。


特に、幸せのメロンパンHAPPyHAPPyのフランチャイズは、20年の実績とサポート体制で、開業を検討している方にとって魅力的な選択肢となるでしょう。この記事を参考に、キッチンカービジネスの成功の一歩を踏み出してください。


bottom of page