top of page
  • 執筆者の写真幸せのメロンパンHAPPyHAPPy編集者

キッチンカーのメリット・デメリットとは?フランチャイズ開業の魅力も解説

更新日:2023年10月27日

「キッチンカーでのビジネスを始めたいけど、どんなメリットがあるの?」

「フランチャイズに興味があるけど、自分でするのとどう違うの?」

このような疑問をお持ちではありませんか?


私は、開業してから20年間メロンパンに特化したキッチンカーのフランチャイズを経営し続けていますし、加盟店さんの創業サポートも何社もしてますので、キッチンカーのビジネスの魅力や成功の秘訣についての悩みを解決できると自信を持って言えます。


このページでは、全くキッチンカーのことがわからなかったど素人の私が、累計販売個数10億個以上、1日10万円〜20万円販売する驚異的な販売力を誇る幸せのメロンパンHAPPyHAPPyを20年間経営してきた経験から、

  • キッチンカーのメリットとデメリット

  • 大学近くでのキッチンカー開業のポイント

  • フランチャイズとしてのキッチンカーの魅力

など、「キッチンカーのメリット」に特化してお伝えしていこうと思います。


1. キッチンカーとは?

キッチンカーとは、食品や飲料を調理・販売するための移動式の車両のことを指します。これは、通常の自動車やトラックをベースに、食材の保存や調理、販売ができるように特別に設計・改造されたものです。キッチンカーは、様々な場所での販売が可能であり、イベントやフェスティバル、公園や駅前など、人々が集まる場所での営業が主な特徴となっています。


キッチンカーと似た業態に「屋台」がありますが、キッチンカーは車輪がついており、自由に移動できる点が大きな違いとなります。また、キッチンカーはより広いスペースや設備を持っているため、多様なメニューの提供や大量の販売が可能です。


近年、キッチンカーは都市部を中心にその存在感を増しており、多くの飲食業者が新しいビジネスチャンスとして注目しています。特に、独自のコンセプトやオリジナルメニューを持つキッチンカーは、SNSなどで話題となり、多くのファンを獲得しています。


2. キッチンカーのメリット

キッチンカーの人気の背景には、多くのメリットが存在しています。では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。


1. 場所の柔軟性

キッチンカーの最大の魅力は、場所を選ばずに営業ができる点です。イベントやフェスティバル、公園や駅前など、人々が集まる場所での営業が可能です。


2. 初期投資の削減

固定店舗を持つ場合の初期投資やランニングコストを大幅に抑えることができます。特に、リースオプションを選択することで、初期費用をさらに低く抑えることが可能です。


3. 独自性の追求

キッチンカーは、独自のデザインやコンセプトを持つことができます。これにより、SNSなどでの話題作りやブランディングが容易になります。


4. 市場のテスト

新しいメニューやコンセプトを試す際、キッチンカーはリスクを最小限に抑えながら市場のテストを行う絶好のツールとなります。


3. キッチンカーのデメリット

キッチンカー、移動式の食品販売車は、多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。これらのデメリットを理解し、適切に対処することで、ビジネスの成功を目指すことができます。


1. 営業場所の制限

キッチンカーは場所を選ばずに営業ができると言われますが、実際には市町村や都道府県によっては、営業許可が必要な場所も多いです。また、人気のスポットでは競争が激しく、良い場所を確保するのが難しいこともあります。


事前に必要な許可や規制を調査し、適切な手続きを行いましょう。また、地域や自治体の移動販売に関するセミナーや情報交換の場に参加することもおすすめです。


2. 天候に左右される

キッチンカーは屋外での営業が主なため、雨や風、極端な気温などの天候に大きく影響を受けます。特に、雨天時は売上が大幅に下がる可能性があります。天候に強い設備やテントを用意したり、天気予報をチェックし、営業日や場所を柔軟に変更しましょう。


3. 設備の制限

移動式の車両であるため、設備やスペースに制限があります。大量の食材の保存や、大規模な調理設備を持つことは難しいです。効率的な調理器具や設備を選定するようにしましょう。また、メニューの工夫や、前もっての下ごしらえを徹底することも対策の1つです。


4. 継続的なメンテナンスが必要

キッチンカーは車両であり、定期的なメンテナンスや車検が必要です。これにより、予期しない出費や営業の中断が発生する可能性があります。


5. 初期投資が高額になる場合も

カスタマイズや特別な設備を追加する場合、初期投資が高額になることがあります。予算の計画をしっかりと立てることが重要です。


キッチンカーのデメリットを理解し、それに対する対策をしっかりと行うことで、成功への道を切り開くことができます。デメリットを乗り越え、ビジネスの拡大を目指しましょう。


4. 大学近くでのキッチンカー開業のメリット

最近、都市部だけでなく、大学近くでのキッチンカー開業が注目されています。大学近くでのキッチンカー開業には、どのようなメリットがあるのでしょうか。以下に詳しく解説します。


1. 学生を主なターゲットとしたビジネス展開

大学近くでのキッチンカー開業は、学生を主なターゲットとしてビジネスを展開することができます。学生は新しい食のトレンドに敏感であり、SNSを活用して情報を発信することも多いため、口コミでの集客が期待できます。


2. 定期的なイベントや学園祭での出店機会

大学では、学園祭やスポーツイベントなど、定期的に大規模なイベントが開催されます。これらのイベント時にキッチンカーでの出店を行うことで、一時的ながら大きな売上を上げることが可能です。


3. 季節ごとのメニュー変更がしやすい

学生は最新のトレンドを追う傾向があり、季節ごとの限定メニューや新商品に対する反応が良いです。キッチンカーであれば、柔軟にメニュー変更を行い、学生のニーズに応えることができます。


4. 低い初期投資での開業が可能

大学近くの土地や店舗の賃料は、都心部に比べて比較的安価です。このため、キッチンカーでの開業初期投資を抑えることができ、リスクを低く保つことが可能です。


5. 地域との連携を深めるチャンス

大学とその周辺地域との連携を深めることで、地域住民や大学関係者からのサポートを受けることができます。特に、地域の特産品を使用したメニュー提供などは、地域振興にも繋がります。


大学近くでのキッチンカー開業は、上記のようなメリットがありますが、成功するためには地域の特性や学生のニーズをしっかりと把握し、独自のビジネスモデルを構築することが重要です。


5.フランチャイズとしてのキッチンカーの魅力

キッチンカーのビジネスは近年、大きな注目を集めています。では、なぜフランチャイズとしてのキッチンカーがこれほどまでに注目されているのでしょうか。


1. 低リスクでの開業が可能

フランチャイズとしてのキッチンカーは、独立開業に比べてリスクが低いのが大きな魅力です。本部が提供するノウハウやサポートを受けながら、効果的なビジネス展開が可能です。特に、調理経験が少ない方や初めての起業家でも、安心してビジネスを始めることができます。


2. 独自のメニューやサービスの提供

フランチャイズ本部が提供するメニューやサービスをベースにしつつ、独自のアイディアや工夫を取り入れることができます。これにより、他のキッチンカーと差別化を図りながら、顧客のニーズに応えることができます。


3. 開業資金のサポート

一部のフランチャイズ本部では、開業資金のサポートや融資の斡旋など、資金面でのサポートを受けることができます。これにより、資金調達のハードルを低く抑えることができます。


4. 集客力の強化

既存のブランド力や、本部が提供するマーケティングツールを利用することで、効果的な集客活動が行えます。特に、SNSを活用したPRや、新しいサービスの提供など、多岐にわたる集客方法を取り入れることができます。


5. 継続的なサポートと教育

フランチャイズとしてのキッチンカーでは、本部からの継続的なサポートや教育を受けることができます。新しいメニューの提案や、営業方法の改善提案など、ビジネスを成功に導くためのサポートが受けられます。


キッチンカーのフランチャイズはこれらの魅力を持ちながら、独自のビジネスを展開しつつ、本部からの強力なサポートを受けることで、成功への道を歩むことができるでしょう。


7. まとめ

キッチンカーは、移動販売のビジネスとして日本全国で急速に人気を集めています。また、低い初期投資で始められるビジネスモデルとしても注目されています。しかし、成功するためには市場調査やターゲットの明確化、適切なメニューの選定など、多くのポイントを押さえる必要があります。


幸せのメロンパンHAPPyHAPPyのフランチャイズは、20年の実績と経営ノウハウを持つ強力なパートナーとして、あなたのビジネスをサポートします。


Comments


bottom of page