top of page
  • 執筆者の写真幸せのメロンパンHAPPyHAPPy編集者

キッチンカー経営の維持費から原価率計算まで徹底解説!

更新日:2023年10月27日

キッチンカー開業への夢を抱くあなたは、「キッチンカーの維持費はどれくらい?」、「軽トラキッチンカーの維持費は?」、「キッチンカーの原価率はどう計算するの?」といった疑問を抱いていませんか? こうした質問は、キッチンカービジネスをスタートさせようと思っている人にとって、非常に大切なポイントです。


私は、幸せのメロンパンHAPPyHAPPyの経営者として、キッチンカービジネスを20年以上続けてきました。私の経験から得た知識と洞察を元に、あなたの悩みを解決するヒントを提供します。


この記事では、私がこれまでに経験してきたキッチンカービジネスの開業と維持、販売から得た知識を基に、以下のトピックについて詳しく解説します。

  • キッチンカーの維持費の詳細

  • 軽トラキッチンカーの維持費とその見積り方法

  • 原価率の計算とその重要性

  • キッチンカー開業に向けた準備方法

この記事を手元に置いて、キッチンカービジネスの成功の一歩を踏み出しましょう。



キッチンカーの維持費にかかわる項目の全貌

キッチンカーの維持費は初期投資だけでなく、日々の運営費用にも細心の注意が必要です。

これらのコストは、ビジネス全体の収益性に直接影響を与え、その成功や失敗を左右します。


維持費には、以下のようなさまざまな要素が含まれます。


ガス・電力費

キッチンカーの運用にはガスや電力が必要で、使用する設備や開業地点により変動します。運営に必要なガスや電力費用は、使用する機器や稼働時間によりますが、大体月に10万円〜15万円程度と見込まれることが多いです。


燃料費

キッチンカーは移動する店舗です。したがって、出店場所への移動に必要な燃料費も見逃せません。移動費用としての燃料費は、出店場所や距離によりますが、月に2万円〜5万円程度が一般的です。


保険料

事故や火災からビジネスを守るためには、適切な保険が必要です。これには保険料が必要となります。ビジネス保険は年間で約10万円〜20万円が一般的です。しかし、これは保険内容や保険会社により大きく異なります。


修理・メンテナンス費

キッチンカーの機器や設備は定期的なメンテナンスが必要です。また、故障時の修理費も予想しておく必要があります。これは故障があった場合や定期的な点検・メンテナンスにかかる費用で、固定費は月に1万円〜3万円の予算を見込むと良いでしょう。


許認可関連費

ビジネスを合法的に運営するためには、各種の許認可が必要です。これには一定の手数料がかかります。これは一度きりの出費ではありますが、更新料として数年ごとに数万円が必要となるケースがあります。


これら全貌を理解し、予算計画に反映させることで、ビジネスの持続可能性を確保し、最終的な成功につながるのです。


軽トラキッチンカーで維持費を抑えることもできる

軽トラキッチンカーはその小型化と低コストが魅力ですが、維持費をさらに抑えるためにはいくつかのポイントを押さえておくべきです。その理由は、軽トラキッチンカーの特性を活かして効率的にビジネスを展開することで、利益を最大化するためです。


軽トラキッチンカーは、そのコンパクトさから開業費用を抑えられるメリットがあります。しかし、その分制約も大きいです。例えば、調理スペースの狭さからメニューの種類に限りがあったり、収容客数が少ないことから一度に提供できる量に限りがあるなどです。


維持費については、基本的にはキッチンカー全般と同様に固定費と変動費に分けられます。ただし、軽トラキッチンカーの場合、車両自体の価格や維持費が一般的なキッチンカーよりも低い傾向にあります。これは、軽トラが小型であるため、燃料費や車検費用が抑えられるからです。


しかし、その分売上を伸ばすためには、限られたスペースを効率的に使用する工夫や、質の高いサービス提供が求められます。たとえば、メニューをシンプルにすることで必要な食材の種類を減らし、食材費を抑えることができます。


つまり、軽トラキッチンカーの特性を活かす戦略を練ることで、維持費をさらに抑えることが可能なのです。

キッチンカー

軽トラキッチンカー

車両購入費用

200万~500万円

50万~150万円

改造費用

100万~300万円

50万~100万円

保険料

10万~20万円/年

5万~10万円/年

燃料費

15万~30万円/年

10万~20万円/年

保守・修理費

5万~10万円/年

3万~6万円/年

理想的な価格設定のための原価率の計算

原価率の計算は、商品の価格設定を行ううえで必要不可欠な作業です。原価率を正確に把握することで、商品の価格設定を最適化し、ビジネスの利益を最大化することができるからです。

飲食ビジネスでは原価率の計算が重要で、商品の価格設定に直結します。

原価率とは、「原価 ÷ 販売価格 × 100」で求めることができます。この値が高いということは利益率が低いということになり、逆にこの値が低いと利益率が高いということになります。


たとえば、食材費が500円で、それを使って作った料理を1,000円で販売する場合、原価率は「500 ÷ 1,000 × 100 = 50%」となります。この数値を基に、利益を上げつつも競争力のある価格設定を行うことが求められます。


しかし、原価率だけを見て価格設定をすると、その他の経費(人件費、家賃、光熱費など)を賄えない場合があります。したがって、これらの経費も考慮に入れた上で、適正な価格設定をすることが重要となります。


飲食業界では原価率30%前後が一般的とされていますが、キッチンカーの場合、移動費やイベント参加費など独特の経費も発生するため、これらを考慮に入れた上で価格設定を行う必要があります。


以下に具体的な原価率の計算例を示します。幸せのメロンパンHAPPyHAPPyの例を使いましょう(あくまで例です)

シュミレーションの例

材料費

100円 (メロンパン1個当たりの材料費)

人件費

30円

(メロンパン1個作るのにかかる人件費)

その他の費用

10円 (電気代やガス代など)

この場合、原価は材料費(100円)+人件費(30円)+その他の費用(10円)=140円となります。


そして、メロンパンを300円で販売するとすると、原価(140円)÷販売価格(300円)=約0.47、つまり原価率は47%となります。これは飲食業界で一般的に言われる原価率30%〜40%よりも高めです。


このように、理想的な価格設定のためには、原価率の計算が重要です。キッチンカーのビジネスを成功するためには、顧客に納得のいく価格を提供しつつ、適切な利益を確保しましょう。


キッチンカー開業に向けた準備

キッチンカーの開業に向けては、事前準備が必要不可欠であり、それには資金計画、事業計画、許可取得、場所選びなどが含まれます。


事前準備をしっかりと行うことで、ビジネスの運営を円滑にし、成功に近づくことができます。具体的な準備方法としては以下のようなステップがあります。


1.資金計画の作成

まずはキッチンカーの開業に必要な初期投資と月々の経費を計算しましょう。例えば、新品のキッチンカーの購入には約200万円から400万円、リースの場合は月々10万円から20万円、初期の材料費には20万円、その他に許可申請費用や保険料なども考慮に入れます。これらを見積もり、必要な資金を確保します。


2.事業計画の作成

次に、どのような商品を提供し、どのように販売するのか具体的な事業計画を作ります。また、売上目標や利益率なども設定します。


例えば、メロンパンを1日100個販売し、1個あたりの利益が160円であれば、1日の利益は16,000円となります。これを月に換算すると約48万円の利益となります。


3.許可取得

キッチンカーを開業するには、都道府県の公衆衛生センターから飲食店営業許可を取得する必要があります。また、営業する場所によっては、道路使用許可や公園使用許可なども必要になります。


4.場所選び

ビジネスの成功を左右する重要な要素が場所選びです。集客力のある場所を選び、その場所で営業する許可を取る必要があります。


出店場所選びのコツについては、別記事「キッチンカー(移動販売車)ビジネスで絶好の出店場所を探す4つの方法」で解説してるので、一緒に見てください。


以上のように、キッチンカーの開業に向けた準備は多岐にわたりますが、これらを一つひとつ確実に進めることで、開業後の成功に繋がります。事前準備の段階からビジネスの運営を想像し、計画を立てることが重要です。


まとめ

キッチンカービジネスへの道は簡単なものではありませんが、それはどんなビジネスにも言えることです。適切な情報と計画、そして努力があれば、誰もが成功する可能性があります。


キッチンカーの維持費は、キッチンカーのタイプやサイズ、使用頻度によりますが、例えば車両の購入やリース、修理費、保険、ガスや水道費、免許や許可など多岐にわたります。一方で、軽トラをキッチンカーに改造することで初期費用を抑えることも可能です。


また、ビジネスの成功には利益率の計算が欠かせません。売上から直接的な原価を引いたものが粗利益であり、これを売上に対するパーセンテージで表したものが原価率です。原価率を適切に設定することで、理想的な価格設定が可能となります。


まとめると、キッチンカービジネスは初期投資と運営コスト、利益率の管理、そして適切なビジネス計画が必要です。これらの情報を持っていれば、ビジネスを始める一歩を踏み出すことができます。

幸せのメロンパンHAPPyHAPPyは、あなたのビジネスが成功するためのサポートを全力で行います。開業にお悩みの際はご相談ください。


Comentarios


bottom of page